縄と乳房 – 成人映画 – 無料

続きをみる

初秋の京都。その場末の一角にある老朽化したストリップ小屋は、異様な熱気につつまれていた。舞台は、長襦袢一枚の小夜と、相手役の着流し姿の若者・功とのSMショーである。緊縛され、いたぶられる迫真の演技はエロチックで、満席の観客は興奮し、場内騒然としていた。そんな観客に混じって、功に引き立てられ、木馬にまたがった小夜の恍惚の表情を憑かれたように見つめている中年紳士・川村がいた…。


神姫PROJECT R
↓↓↓↓↓↓↓↓ PV みてね。 ↓↓↓↓↓↓
★★★★★

ピンク映画が流行ってた時の人気のあった女優さんの名前を教えてください。お願い…


松川ナミ/閲覧:19893回/回答:5回
ピンク映画が流行ってた時の人気のあった女優さんの名前を教えてください。お願いします。


ベストアンサー


愛染恭子
秋吉久美子
亜湖
葵三津子
朝比奈順子
麻吹淳子
飛鳥裕子
梓ようこ
東てる美
天地真理
池波志乃
伊佐山ひろ子
石田えり
泉じゅん
伊藤咲子
イブ
絵沢萌子
太田あや子
大谷直子
丘奈保美
岡本かおり
岡本麗
小川亜佐美
小川恵
小川節子
小川節子
小田かおる
加賀まりこ
風間舞子
風祭ゆき
片桐夕子
桂たまき
鹿沼えり
加山麗子
川村真樹
北川たか子
木村理恵
倉吉朝子
黒沢のり子
小島美ゆき
小松みどり
梢ひとみ
今陽子
早乙女愛
五月みどり
サリー・メイ
三東ルシア
潤ますみ
志麻いづみ
白川和子
新藤恵美
関根恵子
芹明香
高倉美貴
高田美和
高村ルナ
滝川真子
田口久美
竹田かほり
田中真理
橘雪子
谷ナオミ
珠瑠美
続圭子
寺島まゆみ
内藤杏子
中島葵
永島暎子
中川梨絵
中村晃子
奈美悦子
二条朱美
野平ゆき
畑中葉子
原悦子
日野繭子
日向明子
ひろみ麻耶
星まり子
黛ジュン
松川ナミ
三崎奈美
三井マリア
水島美奈子
水原ゆう紀
美保純
宮井えりな
宮下順子
森下愛子
森村陽子
桃井かおり
八城夏子
山口美也子
山科ゆり
吉沢由起
渡辺とく子
↑の方、林由美香さんはお亡くなりになりました。
結局予算が無いためギャラが低いピンク映画からロマンポルノへ引き抜かれてしまうので、ピンク映画の女優は有名ではありません。なのでロマンポルノ女優を中心に例を挙げておきました。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

エロ川柳道場34


松川ナミ/閲覧:250回/回答:2回
エロ川柳道場34
本日のお題
『AV』アダルトビデオじゃ。
例題
『モザイクの ない本物に 目を細め』
痴陶人先生の名句じゃ。もう一句。
『妻とする できればしたい 早送り』
G爺翁の句。
さあチャレンジじゃ!
補足鹿沼えりさんでしたか。てっきり風祭ゆきさんだと思い込んでいました。ご指摘ありがとうございます。


ベストアンサー


「夕飯の おかずいらぬと またこすり」
補足です。
日活ロマンポルノの件はありがとうございました。出題者さんのお好きな皆さんは全てご存知です。松川ナミさんは伊藤京子と共演しています。
それから、風祭ゆきは古屋尾雅人の奥さんではないです。鹿沼えりさんです。新サインはVで坂口良子と共演し、赤いブルマー姿で演技をされていた方ですね♪。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

もしワンピースを実写化するとなれば俳優は誰になると思いますか?


松川ナミ/閲覧:287回/回答:2回
もしワンピースを実写化するとなれば俳優は誰になると思いますか?


ベストアンサー


確か…麦わら海賊団って、一部を除いてほとんどが10代後半とかでしたよね?
なので、年齢的に近い方々を考えてみました。
ルフィ=神木隆之介さん
ゾロ=石黒英雄さん
ナミ=南明奈さん
ウソップ=松川尚瑠輝さん
サンジ=三浦翔平さん
チョッパー=加藤清史郎さん(爆)
ロビン=吉瀬美智子さん
フランキー=ケンドーコバヤシさん
ブルック=生瀬勝久さん(爆)
ちなみにペローナのモデルは矢口真里さんらしいですが…
個人的には、まんま辻希美さんに見えます^^;
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

「この人何者シリーズ3小坂忠この人一体何者?」


松川ナミ/閲覧:487回/回答:2回
「この人何者シリーズ3小坂忠この人一体何者?」
カメラマンの伊佐山巌、映画監督、脚本家の尾崎将也とこのシリーズことごとく回答がつかず、やけくそぎみに、
ミュージシャンの小坂忠です。それまでにも東京キッドブラザーズの坪田直子や日活ロマンポルノの松川ナミなど回答がつかなかった人がいますが、私の興味はマイノリティに片寄るみたいで…。
小坂忠も、今DVDで見直している石立鉄男の「気まぐれ天使」の主題歌を歌っている人が小坂忠でWikiで見ると、知る人ぞ知る日本のR&B、ゴスペルソングの大御所だったみたいです。どなたか小坂忠の凄さを私に知らしめて下さい。


ベストアンサー


では,続きを。
71 年にアルバム「ありがとう」でソロ・デビュー。このときは実質的な音楽監督を務めた細野晴臣の嗜好を反映してか,カントリー・ロックをやっており, R & B 色はありません。しかし,これはこれで名盤。
「からす」
http://www.youtube.com/watch?v=6ZMfIYv0dSQ
「どろんこまつり」

「ありがとう」
http://www.youtube.com/watch?v=WOMIH0VE6zw
その後,松任谷正隆,林立夫,後藤次利,駒沢裕城,からなるフォージョー・ハーフを従えライブ活動をおこないます。72 年には彼らとのライブ・アルバム「もっともっと」を発表。73 年にはサード・アルバム「はずかしそうに」を発表と順調に活動をおこないますが,ここまではファーストの音楽性を踏襲しています。
変化があったのは 75 年,アルバム「ほうろう」で細野晴臣,鈴木茂,松任谷正隆,林立夫からなるティン・パン・アレイをバックに
ソウル/R & B シンガーに転進します,というよりティン・パン・アレイのアルバムにシンガーとして参加したような印象もありますが。
しかし,やはり名盤。
「しらけちまうぜ」
http://www.youtube.com/watch?v=nWfmhacInjk&feature=related
「ボンボヤージ波止場」
http://www.youtube.com/watch?v=DugVWMHqgTA
当時は吉田拓郎,井上陽水,南こうせつなどニューミュージック全盛ゆえ,一般に知名度が高かったわけではないでしょうが,今に至るまで名盤と語りつがれています。
その後,「CHEW KOSAKA SINGS」「モーニング」とアルバムを発表しますが,これはどちらかといえば白っぽい歌唱です。
「気まぐれ天使」の主題歌はこの頃のバック・バンド,ウルトラとのレコーディングです。
この後彼は牧師となり商業的な音楽からは身を引きます。ゴスペルを本格的に歌いだしたのはこのころで,自らのレーベルより信仰色の強いアルバムをリリースするそうです(この頃の音には私は触れたことがありません)。その後,牧師としての布教活動の一環としてゴスペルを歌っていたようですが,2001 年,細野晴臣のプロデュースによるアルバム「People」でポピュラー・ミュージック
への復帰を果たし,牧師との活動と平行して今に至ります。
余談ですがこれの作曲者も彼。

(本当は,「機関車」「田舎道」「ほうろう」「氷雨月のスケッチ」など名曲,名演はあるのですが,当時のスタジオ録音がネット上で見つかりませんでした)
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽